読書嫌いだった僕が語る今すぐあなたが本を読むべき7つの理由

読書 Book

こんにちは。ビバちゃんねるのビバです。

突然ですがみなさん、読書は好きですか?

読書が好きな方ももちろんいると思いますが、なんか読む気が起きないんだよな〜〜という方も多いと思います。

実は僕もその一人でした。文字が苦手で、漫画なら読めるけど活字の文章はどうも読む気になれず、読書感想文は正直読んで出したことなど一回もないレベルです笑

ですが社会人になって、仕事のインプットをしていくために半ば強制的に読書を始めるようにしてから、衝撃が走りました。

なぜこれまで読書をしてこなかったんだろうと後悔するほどでした。

今では毎月10冊ほど本を読んでいます。本の感想やオススメなどもいずれ記事にしていきたいと思います。

本に興味がない貴方。そんな貴方に今すぐ本を読みたくなる読書のメリットを7つほど解説していきたいと思います。

ぜひ最後までお読みくださいね!

語彙力、ボキャブラリーが鍛えられる

読書をすることで圧倒的な語彙力がつきます。

人間は当たり前ですが自分の知っている言葉しか文章にすることはできません。

  • 諧謔(かいぎゃく)的な言い回し
  • 彼の自慢話には辟易(へきえき)する
  • 就中(なかんずく)読書は大事だ

上記の言葉、全て意味がわかりますか?

分からなければ普段から読書をして、言葉に触れていない証拠かもしれません。

もちろん分かりやすい言葉で相手に物事を伝えるのは一番重要な能力なので、難しい言葉ばかり使う人を善しとする訳ではありませんが、相手が使った難しい言葉を理解する能力は重要です。

普段使わない言葉に触れ、知識をつけることでその人自身の深みが増します。

ビジネスの場でも、よくそんな言葉/言い回しが出てくるなあ。と思わず感動してしまう人はいませんか?

また、適切な言葉を取捨選択して表現できることで微妙なニュアンスを相手に伝えることができるようになるので意思疎通が図りやすくなります。

ビバ
ビバ

こんなこと書いておきながら、ビバはyoutubeで黄リン(おうりん)のことをキリンと読んでしまって叩かれた過去があるのは秘密ですよ。

文章を書く力が身につく

また、文章を読み込みインプットを行うことで文章を書く力が身につきます。

実際に僕は大学一年生の頃にもアフィリエイトを行なっていました。

その時はだいたい1500文字の記事を作るのに1時間くらいかかっていました。

それが社会人になり、読書を始めるようになってからタイピングの上達などもあるとは思いますが1時間で3000文字以上の文字を書けるようになりました。この記事もまだ冒頭部分ですが、筆を取ってから10分も経っていません。

頭の中に文章が思い浮かんでいるのでタイピングスピードの方がネックになってしまっています笑

先ほどの語彙力が鍛えられるという話に通じますが、人は自分の知っている言葉の中でしか言葉を組み立て、文章にすることができません。

当たり前ですが言葉を知らない幼稚園児よりも高校生の方がわかりやすい文章をスラスラと書くことができますよね。

読書を始めて数週間で、アウトプットの出しやすさは実感することができると思います。

先人の知識を一瞬でインプットすることができる

また、本は先人の知識を一瞬でインプットすることができるツールです。

人生は有限であり、効率よく自分の時間を投下していく必要があります。

オムライスを作りたい時に、一から試行錯誤して何十回も作る人はいませんよね?

昔であれば料理本、今の世の中ならクラシルなどのアプリで調べて最高のオムライスを作ろうとするはずです。

これは何もオムライスだけではなく、世の中の事象ほとんどに当てはまります。

本の著者はその道のプロフェッショナルであることが多いです。そんな方々が経験してきた知識やノウハウを一瞬で吸収できてしまうなんて夢のようじゃないですか?

会計知識、副業の始め方、仕事をできるようになる方法。

これらも全て本からインプットしてしまうことができるのです。

話のネタになる

また、多くの本を読むことで話のネタが増えます。

一冊本を読むだけでも多くの知識を身につけることができますからね。

例えばこちらのP&G出身であり、USJの再建を担った森岡さんが書いたマーケティングの名著を読んだ後USJに行ったのですが、上手くいかなかったUSJの過去とそれを脱却したマーケティング手法について詳しく話していたら並び時間があっという間でした笑

話の引き出しがある人は深みが出ます。

色んなことを知っている人を人は無意識に尊敬してしまう癖があるのです。


趣味になる

読書の喜びを一度知ってしまえば、読書が義務ではなく趣味になります。

僕もこの境地に達するまでは中々時間がかかりました。読書をしよう!と思って本を読んでもゲームやYouTubeの方が楽しいしついついそっちをやりたくなってしまうんですよね。

しかし読書を習慣になるようにしてからは僕の中で読書はYouTubeよりも良質なコンテンツと化しています。

YouTubeももちろん面白いですし最近はビジネス系YouTuberも増えてきていますが、ほとんどが娯楽の動画で自分の資産にはなりませんからね。

時間潰しになる

読書は最高の暇つぶしになります。

電車に乗っている時間、飛行機に乗っている時間、ちょっとした待ち時間に本を読んで暇つぶしをするなんて最高にクールじゃないですか?

僕も出社までの往復の電車の通勤時間や、一人で外食をする時に料理が来るまでの間などに意識的に読書をしています。

電子書籍を入れていれば本を持ち歩かなくてもスマホからすぐに読書をすることができるのでとても便利ですよ。

お金がかからない

また読書はお金がかかりません。ビジネス書はだいたい1冊1,000円〜1,500円くらいで買うことができますよね。

僕は毎月10冊ほど本を読みますが、一冊1,000円だとしても月に10,000円ほどです。

またいきなり月に10冊読むのは中々ハードルが高いと思います。月に2~3冊なら居酒屋に1回行くよりもお得に楽しむことができますね。

それでも高いと思ったあなたは、洋服を買ったり遊びに行ったり飲みに行ったりするのが好きなんでしょう。

もちろん自分のお金なのでお金をどう使おうと自由です。

仕事の仲間や友人と飲みにいくことで自分の価値観が広がる場合もあります。

ただ、洋服や食事はいっときの快楽にはつながりますが自分自身のアセットとしては何も貯まりません。

月たった数千円で良いんです。今まで自分の好きに使っていたお金を読書に回して、本を読んでみませんか?

またKindleUnlimitedであれば無料で読める本も存在しているので更に経済的に読書をすることができますよ。

まとめ

はい、という訳で今回は読書のメリットを7つほど紹介していきましたがいかがでしたか?

今まで本が嫌いで敬遠していた方も、ちょっとだけ本を読んでみたくなったんじゃないでしょうか。

最近はオーディオブックという耳で聴く読書も流行っています。これなら自分の時間を有効活用して読書をすることができるのできになる方はこちらの記事もご覧ください。

国内最大級の電子書籍販売サイトebookでは、漫画や書籍を簡単に読むことができるのでオススメですよ。

国内最大のマンガ(電子書籍)販売サイト!

最後までお読みいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました