あなたに自信がない理由。どうしたら自信を持てるの?

自信 WORK

こんにちは。ビバちゃんねるのビバです。

めちゃくちゃ突然ですが、皆さんは自分に自信がありますか?

この質問に勇気を持って「はい!!」と答えられる人はこの記事を読まなくて大丈夫です。その自信を持ったまま素晴らしい人生を送ってください。

ですがこの記事を読んでいる99%の人は自分に自信がないのではないでしょうか。

全く自信がなくてダメダメだ〜という人もいるかもしれませんし、ある部分では自信があるけどある部分では自信がなくて悩んでいるかもしれません。

けど、その自信ってなんだと思いますか?

今日はそんな話をしていきたいと思います。

いつだって自信がないのは当たり前

今の自分に自信がないあなた。そんなあなたはとても素晴らしい人間です。

人間はなぜ自信を持つことができないのでしょうか?

答えはとてもシンプルで、理想の自分との差分に苦しんでいるからです。

いい大学に行きたいけどいけない。お金が欲しいけど稼げていない。そんな理想の自分と現実の自分とのギャップが今のあなたを苦しめているのです。

ただこの理想の自分とのギャップは永遠に付きまといます。なぜなら、自分の目標を達成した瞬間に新たな理想が生まれてしまいまうからです。

少しだけ僕の話をさせてください。

持っていた自信が打ち砕かれた話

僕は受験勉強に猛烈に励み、私立大学のトップの大学に合格しました。

高校はいわゆる自称進学校で、東大は年に1人出るか出ないか。早慶も数人しか受からないような高校でした。

そんな中で猛烈に勉強して、なんとか私立大学トップの大学に合格することができました。

当時の僕は、この事実がめちゃくちゃ大きな自信になりました。

私立でNo1の大学に通うことができたし、学年の模試でも常に学年1~3位のどこかにいたのでめちゃくちゃ頭良いやん俺!!状態になっていました。完全に自惚れマンです。

しかし大学に入学するとその自信は一瞬で崩壊します。

私立大学トップに入る様な人はほとんどが東大をはじめとする国立落ちなのです。

早慶が第一志望の人は体感20%ほど。

出身高校は僕の身の回りにいる友人でも、開成、灘、筑駒というトップクラスの高校ばかり。

早慶は特に対策もせず受かっていて、根本から頭の出来が違います。僕の友人にも高校2年生の時に病気にかかってしまい、丸々2年間入院していて勉強を全くできなかったので東大はやめてこの大学に来た。という人もいました。なんじゃそりゃ。

高校3年生の時に毎日12時間以上勉強していた僕からしたら信じられない話です。はじめの一歩で言う所の鷹村守クラスがゴロゴロいるのです。

その時に、目標は達成してしまえばより高い目標に置き換わり、それが自分の自信になり続けることはないということに気づきました。

実際に東大に合格した人でも理三コンプレックスがあったり、理三に合格した人でも海外のトップ大学に行った人をみてコンプレックスに感じることはあるそうです。

絶対的な自信を持てる様にしよう

ただ自分よりも優秀な人と比較をして自信を失う事って、本当に正しいのでしょうか?

自分に自信がない人は、自分の評価を他者との相対的なものさしで測ってしまっているのです。

自分より優れた人がいるから自分はダメだ。この人は自分より稼いでいる。この人は自分より仕事ができる。

そんなことで自信を失ってしまうのです。

あなたは何か一つでも世界一だと胸を張って言えることはありますか?

おそらくそんな人はこの世の中に0.00000001%しかいないはずです。

しかも全てにおいて一番だという人は存在しません。ウサインボルトは世界一足が速いですが頭は良くないかもしれませんし、ジェフベゾスは世界一のお金持ちですが趣味のゴルフが下手くそかもしれません。

その時点で、他人との評価を比べているうちは自分に自信がつくわけないのです。

じゃあどうやって自分に自信をつければ良いか。単純で簡単なことをお伝えします。

それは、自分の中に絶対的な尺度を持って目標を定め、他人と比べることはやめることです。

自分が目標に掲げたことならどんなことだって良いのです

ブログで月1万円を稼ぐ。という目標でも良いですし、今日は上司に怒られないようにするぞ。といった目標でも構いません。

そういった目標を自分の中で立てて、達成することができたら自分を素直に褒めてあげましょう。そうすることで自分の中に成功体験が生まれ、自信に繋がっていくのです。

この考え方に気づいてから僕は自分に自信を持つことができて、よりアグレッシブに生きていくことができるようになりました。


皆さんの周りにもそんなに能力が高くないのに何故か自信満々で、結果的に成功も収めている人はいませんか?

そういう人は自分の中で絶対的な自信を持つ事ができる人間なのです。


美女と付き合えるかっこ良くない茶髪のヤンキーなんかがまさにそれです。


彼らは僕たちからは信じられないくらいくだらないことに自信を持っています。


俺は高校生なのに髪を染めている。腕相撲が強い。

とかほんとにそのぐらいの事に自信を持ちます。


その為アグレッシブに行動する事ができて、結果的に可愛い彼女をつくる事ができます。


そして可愛い彼女がいるという事実が自信につながり、更に好循環のループに入っていくのです。


この考え方は錯覚資産を提唱しているふろむださんの理論と近いかもしれません。

僕もかなり好きな本なのでぜひ一度読んでみてくださいね。



まとめ


はい、というわけで今回は自信を持つ方法について紹介していきましたがいかがでしたか?


相対的に比較してしまうと自信はいつまで経っても持てないので、自分の中で定義した絶対的な自信を持ち続ける事で自信を持って行動していけるようにしましょう。


最後までお読みいただいてありがとうございました!



コメント

タイトルとURLをコピーしました