誰でもできる!ふるさと納税でお得に節税しよう!

Saving

みなさんどうもこんにちは。ビバちゃんねるのビバです。

今回のテーマはふるさと納税です。

ふるさと納税とは、日本全国の都道府県市区町村に寄付をすることでお礼の品がもらえて、さらに年収によって寄付を行った金額分所得から控除できるというものです。

難しいと思ったあなた。もっと簡単に説明します。

全国の美味しいふるさとの特産物を、実質ほとんど無料で買うことができるよ〜〜!!

だいたいこんな感じです笑

こう聞くと一気にやりたくなってきませんか?

「返礼品」「控除」このように難しい言葉が並ぶと人間は反射的に防御の壁を作ってしまいます。

しかしほとんど無料で買うことができるよ!と聞くと、やらなきゃ!!って気分になりますよね。

それではより詳しく説明していきます。

ふるさと納税の仕組みとは?

ふるさと納税をすると、実質2000円分の支払いで全国の特産物や食料品などをもらうことができます。

そんな甘い話なんかあるか!と思ったあなた。実はあるんです。具体的な仕組みを説明します。

ふるさと納税の仕組みは以下のようになっています。

・ふるさと納税をすると寄付金控除として計上される
・納税額-2000円が所得税、住民税から控除される
・納税額によって地方から返礼品がもらえる
・つまり実質2000円で返礼品がもらえる!
・控除される額は年収によって決まる

これ驚異的じゃないですか?

2000円で返礼品がもらい放題ですよ!

返礼品にはステーキ肉、カニといった贅沢なものからお米も選ぶことができるので自分へのご褒美として贅沢なものを選ぶのもよし。米やお酒を選んで日々の出費を減らすのもよしです。

でも年収が高い人しか得しないんじゃないの。。?と思ったあなた。

そんなことありません。

ふるさと納税は年収が150万円以上の方であれば誰でも得になってしまうんです!

ふるさと納税の手順

さて、こんなに魅力なふるさと納税。どのように利用すれば良いのでしょうか?

手順はめちゃくちゃ簡単です。

まずふるさと納税を利用するには、確定申告かワンストップ特例制度を使う必要があります。

確定申告を行う方

確定申告を行う方の手順は以下の通りです。

・自分の欲しい返礼品を探し、購入する
・返礼品と寄付金控除証明書を受け取る
・税務署で確定申告を行う

順番に解説していきます。

自分の欲しい返礼品を探し、購入する

まずは自分の欲しい返礼品を探しましょう。

一番有名なサイトだとふるさとチョイスがあります。

また、楽天市場も楽天ふるさと納税をやっているので普段から楽天で買い物をする方や楽天経済圏に移行している方は楽天で探すのもおすすめです。

自分が欲しい商品が見つかったら通常のショッピングのように購入してください。

返礼品と寄付金控除証明書を受け取る

さて、返礼品を受け取ったらさあ来たぞと返礼品に舌鼓を打つ前に、同封されている寄付金控除証明書をしっかりと保管しておきましょう。

こちらは確定申告をする際に必ず必要になるものなので、うっかり捨ててしまった。。などの無いようにしてくださいね。

税務署で確定申告をする

後は通常通り税務署で確定申告をしてください。

ワンストップ特例制度を行う方

・自分の欲しい返礼品を探し、購入する
・購入する際にワンストップ特例制度を利用する
・返礼品を受け取る
・申請書を出す
・翌年の住民税が減税されていることを確認する

自分の欲しい返礼品を探し、購入する

まずは確定申告をする際と同じように、ふるさとチョイス楽天ふるさと納税で返礼品を探しましょう。

購入する際にワンストップ特例制度を利用する

ここがいちばんの注意点です。

購入する際に必ずワンストップ特例制度利用するボタンにチェックを入れてください。

最近ではデフォルトで全員に送付しているところも多いですね。

返礼品を受け取る

この時必ず同封されるワンストップ特例制度の申請書を保管しておくようにしてくださいね!

申請書を出す

申請書を翌年の1月10日までに寄付先の自治体へ書類を提出しましょう。

ワンストップ特例制度の申請書と合わせて、次のいずれか1つを提出してください。

A:マイナンバーカードのコピー表と裏

B:マイナンバー通知カードorマイナンバーが記載されている住民票+運転免許証orパスポート

C:マイナンバー通知カードorマイナンバーが記載されている住民票+健康保険証or年金手帳or提出先自治体が認める公的書類3つのうち2つのコピー

翌年の住民税が減税されていることを確認する

翌年6月より住民税が控除されるはずなので、減税されていることを確認してください。

ふるさと納税のおすすめサイト

さて、次にふるさと納税のおすすめサイトを紹介していきます。

一番有名なのはふるさとチョイスです。

全国の地方自治体の中から25万以上の返礼品を選ぶことができます。

ですがそれ以上におすすめのサイトがあります。

それは楽天ふるさと納税です!

他のサイトに劣らない品揃えがある中で、楽天ポイントが付くのでとてもお得に買うことができます。

僕の場合はSPUポイントアップを行なっていてポイントが7.5倍つきます。

なので5万円分のふるさと納税を楽天で購入すれば、3750ポイントがもらえてしまうんです。

自己負担額の2000円より多いので、もはや金銭面でも完全にお得になってしまいますね。

楽天ふるさと納税には以下のような魅力的な返礼品がたくさんありますよ!




まとめ

さて今回はふるさと納税のやり方について紹介していきましたがいかがでしたか?

こんなに簡単に節税ができるならとってもお得ですよね!

是非ふるさと納税を行って自分の資産を守りましょう。

最後までお読みいただいてありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました