クレジットカード決済時の上乗せ手数料は違法!対処方法も徹底解説

MONEY

皆さんどうもこんにちは、ビバちゃんねるのビバです。

今回は加盟店が行いがちで消費者が不利益を被る可能性のあるクレジットカードの契約違反について紹介していきたいと思います

・クレジットカード決済は5000円以下の場合ご利用できません

・クレジットカード決済の場合3%の手数料を頂戴しております

・ランチ時のクレジットカードのご利用はご遠慮いただいております

こんな文章を見たことがありませんか?

これ、実は全て違法なんです。

けどそれを知らずに店側のルールに従ってしまってる人は多いのではないでしょうか。

ビバ
ビバ

知らない人は意外と多いよね。

そこでこの記事ではクレジットカードシステムの解説と、もしそういう店舗に遭遇した場合にどういう風に対処すれば良いのかを徹底的に解説していきたいと思います。

ぜひ最後までご覧ください。

▼動画版はこちら

クレジットカード会社のビジネスモデル

まずはクレジットカード会社の収益構造がどのようになっているのかを学んでいきましょう。

クレジットカード会社の収益源は大きく分けて3つあります。

年会費

一つ目は会員から取る年会費です。

カード利用が発生しなくても収益を上げられるサブスク型の収益基盤です。

リボ払い、分割払いによる手数料

二つ目はリボ払い、分割払いによる手数料です。

こちらも消費者から徴収するものですよね。

分割払いは回数がより多ければ多いほど

リボ払いは返済の期間がより長ければ長いほど

より多くの手数料がかかることになります。

例えば支払い回数3回であれば、1万円の買い物をしても手数料は約200円ほどです。

しかし20回払いを選択すると手数料は1300円くらいまで上がってしまいます。

クレカ利用時の手数料

三つ目はクレジットカードを取り扱う加盟店がクレジットカードの利用時にクレカ会社に支払う手数料です。

この手数料はコンビニやスーパーなどで1~1.5%。

一般的な小売だと3~4%。

飲食店だと5%ほどです。

この三つによってクレジットカード会社は収益をあげています。

つまりお客様がクレカ決済をした場合、

加盟店側はその金額に応じて手数料をクレカ会社に支払わないといけないのです。

クレジットカードを導入するメリット

ならクレカを導入するメリットってなくない?と思うかもしれませんが、

加盟店にとって決済手段を増やすというのはとても重要なことです。

実際に次のようなメリットがあります。

  • 来店者の増加
  • 高額決済の可能
  • 管理のしやすさ

来店者の増加

まず来店者の増加についてです。

消費者の中には現金を使わずにクレカ決済をメインにしている人がいます。

クレカが使えないお店や。

最近だとQUICPayなどの決済ができないお店を不便だなーって思うことはありませんか?

僕は普段財布を持ち歩かないで外出しているので、外食時にQUICPay、LINEPAY、paypay、SUICAのいずれも使えないお店は絶対に利用しません。

なのでクレカを導入していないことによる販売の機会損失を防ぐ為に、クレカを利用できるようにしている店舗が多いのです。

高額決済の可能

また、商品を購入したいと思っていても手持ちの現金が足りなければ購入を諦めてしまうでしょう。

しかしクレジットカードであれば現金を持っていなくても高額な決済をすることが可能なので、

高額な商品でも売りやすくなるというメリットがあります。

管理のしやすさ

また、クレカであれば煩雑なお釣りのやり取りなどがなく、

会計時にサインをもらうだけで決済をすることが可能です。

なので事業者にとっては業務の負荷軽減に繋がります。

クレジットカードを導入するデメリット

しかし当然デメリットもあります。

先ほど行ったように加盟店は手数料を支払う必要があるのです。

全員がクレカ決済を行うとするとその会社の利益率が手数料分下がることと同義になります。

そこで、加盟店によってはこの費用を浮かせる為に姑息な手段を使うのです。

加盟店が行う違法な行為

よくあるケースとしては、

  • 一定額未満のクレカ決済ができない
  • クレカ決済の場合手数料がかかる
  • ランチはクレカ決済ができない

などが存在します。

実はこれらは全て加盟店の規約違反として記載されています。

クレカ違反を行なっている店への対処方法

なのでそのような内容をお店に伝えられた場合はしっかりと毅然とした態度で、

加盟店契約違反であることを伝えましょう。

実際に僕も居酒屋に行った際に5000円以下はクレカ決済できないと伝えられたことがありました。

店員
店員

あ~5000円以下はクレカ使えない決まりなんすよ~~

と、当然のような態度で接してきたので僕の中のスイッチが入りました。

現金も持っていたのですが腹が立ったので、

ビバ
ビバ

一定額未満でクレカ決済ができないのは明確な契約違反なので

クレカ決済していただいて良いですか?

と伝えました。

すると慌てて店長が出てきて、

今回だけ特別にクレカ決済をさせていただきます。

と伝えられました。

ビバ
ビバ

いやいや特別って何?そもそも正当の権利なんだけど。。。

って感じでしたが、それ以上追求しても意味がないので普通に払いました。

もうあの店には行くことはないでしょう。

値段も安くて、何回も行くお気に入りのお店だったのですが残念です。

クレーマーみたいになったら嫌だなあと思う方もいるかもしれませんが、これは正当な権利なんです。

極論、店に入る時は伝えられてなかったのにサービス料50%をとってくるぼったくり店とやっていることは一緒ですからね。

堂々と契約違反であることを伝えましょう。

また手数料がいつの間にか上乗せされているケースも存在します。

なかなか面と向かって伝えづらいなという場合は、利用明細をしっかりもらっておきましょう。

そのあとクレカ会社にその旨を連絡すればクレカ会社から店舗に指導が入りその後返金を行なってくれます。

ちなみに余談ですが、

銀座などの夜のクラブでは堂々とクレカ決済の場合、10%以上の手数料を上乗せされる場合があります。

ただそういう場合は黙って払いましょう。

そもそも消費税が25%だったり、1hあたり10000円と非常に高額だったりするものですし、値段が張ることを承知で行っている訳ですからそういうところでクレカ決済の権利を主張するのは顰蹙を買うのでやめましょう。

そんなこと言った日には、女の子から嫌われもうそのお店には行くことはできなくなるでしょう笑

まとめ

今回は加盟店が行いがちで消費者が不利益を被る可能性のある契約違反について紹介していきましたがいかがでしたか?

  • 一定額未満のクレカ決済ができない
  • クレカ決済の場合手数料がかかる
  • ランチはクレカ決済ができない

このようなケースは全て規約違反ですから、堂々と店員さんに伝え、損をする事の無いようにしましょう。

このブログではお金を賢く稼ぐ方法や節約方法などを積極的に発信していきたいと思っているので良かったらまた遊びに来てください!

よろしければ動画版も是非ご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました